こんにちは。仙台婚活 の母 ゆーりんです。

今日は、お料理のお話のしたいと思います。

 

お料理が苦手な、婚活女性・婚活男性は多いのではないかと思いますが・・・

男性だから料理ができなくてもいいよね? なんて、思っているかた~

今は、違いますよ。女性も社会に出て活躍している時代です。

 

結婚相手に求めることの第一位は「性格」の良さ「価値観」の一致ですが、

なんと、男女とも第2位は「家事育児」ができる方なのです。

昭和に生まれ、家事育児するのは当然、女性の仕事と思っていた私はもう、ビックリな結果ですが、

これが現実です。

男性もある程度の家事能力が必要です。

 

その中でも、料理は普段やったことない人にはハードルが高いことでしょう。

お料理本をみて、集めなければならない材料、計らなければいけない調味料をみるだけで、

げんなりした経験はないでしょうか?

 

夫婦共働きであれば、お惣菜買ってくればいいよね。となると思います。

もちろん、それでも構わないと思いますが・・・

 

たまにでいいので、簡単料理に挑戦してみませんか?

料理が得意で、インスタントなんてもってのほかという人は、この先の文章は読まなくて大丈夫です。

料理に苦手意識のある方向けの料理挑戦第一歩のご提案ですので・・・(笑)

 

今回ご紹介するのは

宮城県亘理の郷土料理「はらこめし」です。

東北の方は「はらこめし」をご存じの方が多いと思いますが、

私は、もともと東京育ちなので「はらこめし」知りませんでした(^^;)

腹→鮭 子→いくら をつかったご飯です。

私は最初、白い酢飯ご飯の上に、サーモンといくらがのったちらし寿司を想像しましたが、

どちらかというと炊き込みご飯です。

 

「はらこめしのレシピ」とググると色んなのがでてきますので、本格的に作りたいひとは

そちらを見て下さいね(笑)

 

私がおすすめするのは市販の「つゆ」を使った作り方です。

宮城県のスーパーで秋鮭が売っているのコーナーには大抵「はらこめしのつゆ」というものが売ってます。

そして、つゆに水とお酒を少々だしてだし汁をつくるのですが、これも、市販のつゆには分量が書いてあります。

なければ、めんつゆでOK。

 

私が利用した「はらこめしのつゆ」の材料&作り方は

※3合の場合

本品100CC、水120CC,酒25CC

を沸騰させて「秋鮭」(2切れから3切れ)をいれ、煮えたらすくい出します。

煮汁を再沸騰させたら、研いだ3合のお米に加え、炊飯器の米3合のメモリまで水をたして、炊く。

炊きあがったら、先に煮た鮭と市販のいくらをのせて出来上がり~♪

 

本格的に作るひとは、いくらをほぐして味付けまでしちゃうのですが、

そんな大変なこと無理してやる必要はなし。

美味しくて、豪華なご飯ができちゃいます(^^)

これに、ホウレンソウゆでて,鰹節のせて味ぽんかけて、

お味噌汁つければ、簡単だけど、いつもの市販のお惣菜夕飯とはちょっと違った献立になって、

お料理できる感アピールできますよ♪

 

是非、秋鮭のおいしいこの時期に試してみてください。

(写真のはらこめしは、亘理で有名なはらこめしのお店「あら浜」さんのものです)

 

 

な~んだ、こんな市販のつゆ使えば、誰だってできるじゃん。と思ったあなた

そうなんです。誰だってできるんですよ。やる前から、身構えちゃうから行動に移せなくて先に進めない。

まず、どんなことでもやってみる。そして、うまくいけば、自信がついて、もっとやりたくなる。

婚活も同じですね(^^)

まずは、なんでも苦手だと思わずに第一歩を・・・

 

 

婚活も悩んで前に進めていない人は、是非、ご連絡くださいね

最初はハートグラムを使って、あなたの性格の強みと弱みをひもとき、効果的な婚活方法を一緒に考えましょう♪

お問い合わせ