魚のいない海での魚の釣りかた

仙台の結婚相談所ルミエールアンブレの藤本です。

昨日は異性間コミュニケーションの講師仲間のたかちゃんとZOOM飲み会を開催し、盛り上がったのですが、そこでたかちゃんに「魚のいない海で魚を釣り上げる方法は?」と質問されました。

いきなり質問されて、「え?」となりましたが、私の答えは、

「魚がいないのなら釣らない」でした♪

「それ、ローランド先生と同じ考え方~正解!!」とのこと。

 

答えは、

『潔く釣りを諦める』

無駄な時間とエネルギーを使う事は非効率的。魚がいないと分かった海でやる意味はない。
私の考えとまるっきり同じ(笑)
これは実際の面接試験でも出る問題のようですが、同じことをして、成果がでないなら、別のことを常に考えることが私は大事だと思っています。
色々なことにおいて実際、実行してきた私のポリシーと同じなので、とても、納得できるし、嬉しい答えでもありました。
婚活中の方にもあてはまりませんか?

「婚活とは、結婚を目的とした男女が出逢って結婚への道筋をつけること」です。

すぐにでも結婚したいと思ってる人がいない場所に出向いて出逢いを求めても、結婚にはすぐには結びつかないのです。

出逢いから結婚までの年数の平均は約4年という統計がでています。

いずれは結婚したいと思っているひととお付き合いして4年まてますか?もしくは待っても結婚にむずびつかないこともありますよね。すぎた時間はもどってきません。

であれば、すぐにでも結婚したいと思っている人がいるところで、出逢いを求めるのが効率的なのではないでしょうか?

そこはどこでしょう?

結婚相談所です。すぐにでも結婚したいと思っている人しかいない場所です。

しかも、そこには、釣り人を助ける仲人というプロのサポーターがいて、ファッションからコミュニケーション、色々なコツを教えてくれるのです。心が落ち込んだときも励ましてもくれます。一人じゃないのです。

プロに何かをお願いするにはそれなりに費用がかかります。それは、あなたがお仕事をされた対価をもらっているのと同じです。

ただ、あくまでもサポーターです。主役は婚活者ご自身です。

〇〇ザップとかもしっかり結果をだすために多額の費用がかかりますが、だからといって本人が何もしないのでは成果はでないですよね。同じです。

魚のいない海で釣りをされていると気づいたあなた。

まずは無料ZOOM婚活相談にてご連絡くださいね。